本文へスキップ

諦めないで!乾癬は治ります。

乾癬は病気じゃないんだ


皆さんは、「乾癬」この漢字を何て読むか分かりますか?

これは(かんせん)と読みます。では乾癬とは何なのでしょうか?

「乾癬とは」

赤い発疹とその上に白色の鱗屑皮膚上皮の角質細胞が剥がれ落ちたものを

伴う発疹が出現します。

病変部は周りの皮膚よりすこし盛り上がった状態へ移行し、大きな紅色局面を

形成します。

頭皮膝肘など外部からの刺激が強い部分に出来やすいが、眼球と口唇以外ならば

全身どこにでも発疹が出現します。

乾癬になる原因は、まだはっきりと分かっていなく、その為さまざまな治療法が

ありますが、根治するのは難しい病気だと言われています。

そこで、このサイトでは乾癬についての情報を纏めていますので、参考頂ければ

幸いです。

先ず、トップページでは、乾癬は病気では無いと仰る先生の治療方法を

お伝え致しますので、お読み下さい。

乾癬の治療方法を教えて下さるのは、三戒堂 水宝先生です。

三戒堂先生は、フランス、東京、名古屋、九州、北海道を中心に、

“テアテマンドール”という技術を伝えながら、札幌に施術院を構え、

弟子の育成にも力を注いでいます。

“テアテマンドール”はフランス政府認可のアソシエーションです。
 

三戒堂先生は現在、乾癬で苦しむ方達を1人でも多く救うため、

“テアテマンドール”の普及に全力をかけて取り組んでいます。

三戒堂先生が乾癬の治療法を公開しようと思われた理由はとても簡単です。

乾癬で苦しんでいる方達が世界中に1億2500万人もいるからです。

そして、その方達の乾癬の原因を取り除き、乾癬を消し去り、その方本来の“皮膚”と

“人生”を取り戻して頂くためです。

「でも乾癬の原因は現代医学でも解明されていませんよね?」と、おっしゃる声が

聞こえてきそうですが、その通りです。

日本全国はもとより、世界中から私の元を訪れる方達は、原因も治療法も確立して

いない乾癬に苦しんでいるのです。

「病院に行っても原因どころか病名すら解らない…」

「次々と薬を変えても気休めにしか過ぎない…」

また、「民間療法や漢方薬も試してみたが、乾癬はより酷い状態になり、

好転反応だと言われたが、乾癬は解消できなかった」といったお話しもよく

お聞きします。

一般的に、乾癬が発症したら一生付き合っていくしかない…と。

しかし三戒堂先生は、事実、40年以上に亘り、1000人以上の方達の乾癬を

消し去ってきました。

三戒堂先生が乾癬の克服に取り組むようになったのは、フランス時代に出会った

50代の女性がきっかけです。

それまで三戒堂先生は、乾癬という病気についてほとんど知識が無く、そんなに

酷い症状が出るものではないと思っていたのです。

ですが、三戒堂先生がお会いしたその女性は、頭のてっぺんから足の先まで、顔は

勿論、耳の穴の中に至るまで全身が真っ赤になっていたのです。

少し体を動かしただけでも皮がピリピリと切れて出血し、見ているうちにどんどん

皮が剥がれて落ちていくのです。

三戒堂先生は途端に背筋が寒くなり、全身に鳥肌が立つほど驚きました。

そして、その女性に7回連続“テアテ”を施してみたのです。そうすると、全身真っ赤

だった皮膚に、白い正常な皮膚が斑点の様に現れ出したのです。

「これは!?」と思ったのですが、その女性とはご縁がなかったのか、それ以上は

施術を続けられないまま、三戒堂先生は日本に帰国しました。

そして日本に帰国した直後、全身に赤い斑点が出て血が滲み、特に額は、まるで鉋

(かんな)で削ったかの様に、血だらけになった女性と出会いました。

三戒堂先生は初対面でしたが、思わず

「それ、もしかして乾癬じゃないの?」と聞いてしまいました。

その女性は、いきなりそんなことを言う私にビックリしていましたが、

「実は皮膚科に行ってもよくわからないんです」と悩みを打ち明けて下さいました。

「じゃあ、とにかく手当てしてみよう」ということで、フランスで行ったのと同じ

施術を施してみたのです。

そうして1ヶ月が経った頃、乾癬の症状はずいぶんと良くなり、乾癬状態だった

皮膚も、その半分ほどが正常な皮膚の状態に戻っていったのです。

そう、乾癬が消えたのです!

三戒堂先生はそれと同時に、「乾癬の原因はなんだろう?」と疑問を持つようになり

ました。そして、乾癬を克服するための研究に情熱を傾けるようになったのです。

そのうち乾癬解消の評判が口コミで広がり、乾癬でお悩みの方達が三戒堂先生の元を

訪ねてくるようになりました。

多くの方達を目で見て、触れてみて、膨大なデータを取り、経験を重ねるうちに、

乾癬で苦しんでいる方には、ある共通点があることに気が付いたのです。

その共通点とは手に現れます!特に左の掌です。

意外な共通点に疑問を持った先生は、次に内臓に着目していきました。

そして、内臓に目を向けたことにより、本当の共通点、すなわち原因を突き止める

ことができたのです!

その共通点は背中にありました。

重症な方ほど、背中にハッキリと、あるサインが出ているのです。

サインが出ているといっても、背中に乾癬の症状が出ていることではありません。

ある内臓が悲鳴を上げているサインが出ているのです。

それは、血液検査等では見付けられない内臓からのSOSです。

そこで、その内臓に掛かる負担を取り除くための施術を施してみたのです。

その1週間後、施術院にいらしたお客様を見て三戒堂先生は驚きました。

たった1回の施術だったにもかかわらず、その人の乾癬は見違えるほど症状が落ち

着いていたのです。

そして、2回、3回と施術を繰り返すうちに、乾癬はどんどん消えていき、施術回数が

10回を超える頃には、乾癬症状の皮膚はほとんど消えて、その方本来の滑らかな

皮膚を取り戻すことができたのです。

もちろんステロイド外用薬などは一切使っておりません。

つまり、現代医学をもってしても治療法すら確立していない乾癬を、薬や光線療法に

頼ることなく、克服することが出来たのです!

通常、皮膚科などで乾癬を治療するためには、ステロイド外用薬を用いた治療法が

一般的です。ですが、このメールを読まれている方ならご存知だとは思いますが、

ステロイド外用薬では乾癬を治すことはできません。

ですから、“テアテマンドール”では、薬などの塗布や服用はお勧めしません。

それどころか、特別な道具も必要なく、人の指だけで乾癬を消すことができるのです。

その効果は、初めにご覧頂いた画像の様に、乾癬を消し去ることが可能なのです。

ではなぜ、病院では乾癬を治すことができないのでしょうか?

そもそも“乾癬”という呼称に問題があります。というのも、乾癬を西洋では

PSORIASISと表記します。

これは“疥癬”という原虫(ひぜんダニ)による皮膚病に似た皮膚状態であるが、

乾癬は疥癬の様に爛れて濡れた感じがしないというところから、疥癬をPSORAと
呼ぶので、言うなれば

“疥癬もどき”という言い方でPSORISISと言っているのでしょう。

“乾いた疥癬もどき”で乾癬というわけです。

しかし、この呼び方がいけないのです。

なぜなら、疥癬は疥癬原虫に起因する疾患であり、疥癬原虫を駆除すれば問題は

解決しますが、乾癬は、原虫や、薬品障害、植物障害(漆かぶれのような)などの、

外からの影響は全くないと言える皮膚の状態だからです。

なので、皮膚病として乾癬を捉え、体の外に問題があると考えて、ステロイド剤を

用いたり、光線療法を行っても効果が現れないのです。

これまでの長い歴史の中で、体の外からの問題を発見できず、そのため解決も出来て

いないので、病院では未だに乾癬を治すことが出来ないのです。

従って、まず“疥癬の様な皮膚病である”という観念から遠ざかり、原因が体の外にある

と考えるのではなく、体の内側に目を向けて、原因を追及する必要があるのです。

それに、皮膚科で処方されるステロイド剤とは、強力に炎症を抑える作用と、免疫の

働きを弱めてアレルギー反応を抑える作用が期待できる薬品なので、あくまでも

“症状を抑える”目的のものですから、塗布して一度は症状が治まったとしても、

根本的に治っているわけではありません。

それどころか一度使用を始めると、徐々に強い作用のある薬しか効果を発揮できなく

なるため、ステロイド依存になりますし、ステロイドは体内の一定量が決まっていま

すから、体の外からステロイドを与えると、体内でステロイドが作られなくなり、

体外からステロイドを与えるのを止めると、極度にステロイドが減少して症状がぶり

返すことが認められています。

「頭皮がボロボロと剥がれ落ちて、フケだと思われているかもしれない」

「触れると伝染する病気なのではないかと誤解されるし、周りの人の視線が恐い」

「どこの病院に行っても、どんな治療を受けても治らない、もう一生この苦しみから

抜け出せないのかもしれない」

あなたも、この様な気持ちになったことはありませんか?

乾癬は、尋常性乾癬、膿疱性乾癬、魚鱗症などいくつかの種類に分類されていますが、

共通して言えることは、次の3つです。

◆死なない

◆遺伝しない

◆伝染しない

これが乾癬の特徴とも言えるのですが、三戒堂先生はこの特徴こそ、乾癬の治療研究が

進まない原因だと考えいます。悪化すると死に至る危険性があり、遺伝する病気や、

伝染力の強い病気は緊急性があると判断され、研究費も潤沢に割り当てられますし、

多くの医者や学者がこぞって研究を進めます。ですが、その条件に当てはまらない

場合や、患者の人数がそれ程多くない場合は、実際問題あまり研究が進まないのが

現実です。ですが、乾癬患者は毎日、死と同等の苦しみと闘っているのです。

乾癬では死なないけれど、心が死んでしまいます。乾癬を苦にして死を考える患者は

決して少なくないのです。乾癬によって、その人が本来歩むべき人生とは全く違う、

辛く、苦しく、孤独な生活を送っている人が非常に多いのです。

三戒堂先生の施術院に通っていた27歳の男性は、魚鱗症と診断された乾癬で、

生後3ヶ月からテアテマンドールに出会うまでの27年間、人生をそれに乗っ取られて

いたと言っても過言ではありません。

初めて施術院を訪ねて来られた時も、まるで強盗の様に目だし帽で顔を隠し、

両手、両足の手首と足首には、服の上から輪ゴムを結んでいました。

なぜかというと、動く度に全身の皮膚が粉の様になり飛び散るからです。

服を脱ぐと、頭のてっぺんから足の先まで真っ赤になっていて、皮膚が鱗のように

逆立ち、剥がれている状態でした。

どれほどの状態か解りやすいエピソードで説明すると、シャワーの時に剥がれ落ちる

皮膚で、お風呂場のドレーンが詰まると言うのです。

そんな状態が生後3ヶ月から27年間続いているのです。

彼は、自分の皮膚の状態を気にするあまり恋愛も経験せず、青春と呼ばれる期間を

ひたすら勉強に打ち込み、大学では博士号まで取得しましたが、就職すら出来ずに

いました。

そうして人生に行き詰まり、悩みに悩んで色々調べている時に、テアテマンドールを

知り、私にメールをしてきたのです。そこで三戒堂先生は何としても彼を救いたいと

思い、1週間に1度、施術を行いました。

そうしたところ、3ヶ月目にようやく皮膚の剥離が止まったのです。

また、ある50代の女性は、乾癬になってから引き籠りになり、それまでの人生で

恋愛も結婚もせず、暗く寂しい生活を送っていたそうです。

施術院に通い出した当初は、化粧もしておらず、真夏でも黒の長袖のタートルネックに

黒い長ズボンをはいていました。

話していても暗い印象で元気が無く、三戒堂先生の質問にも消え入りそうな声で

ポツリポツリと答える程度で、普通に世間話をしたり、談笑したりするようなことは

ありませんでした。

ですが、施術を繰り返し、乾癬が消えていくと、彼女の様子が変わっていきました。

服装も少しずつ明るい色合いへと変化し、夏になると半袖の洋服も着られるようになりました。

段々と声にも張りが出てきて、時には笑顔を見せてくれるようになりました。

そしてある夏の日、施術院にいらした彼女を見た時、三戒堂先生は一瞬誰だか分かりませんでした。

というのも、その日の彼女は薄化粧をして、ピンク色の半袖のTシャツにスカートを

はいていたのです。

そして、施術が終わった後には、彼女の方からご自分の思いを聞かせてくれました。

「これからはもっと明るく前向きに毎日を過ごしたい、恋愛や結婚だって諦めたく

ない」と目を輝かせて言うのです。

乾癬の研究と、テアテマンドールの伝承に心を向けている三戒堂先生にとって、

この上なく嬉しい瞬間でした。

それと同時に、やはり乾癬は人の生活の質を下げ、人生を変えてしまうことを改めて

実感し、より一層テアテマンドールを世間の人に広く知ってもらう必要があると

確信したのです。

point:ステロイドや光線治療に頼らないため、副作用の心配がない

point:難しいテクニックは必要ないので、すぐに実践することが出来る

point:乾癬の解消だけではなく、アトピーや乾燥肌の解消も期待出来る

point:乾癬解消後も継続することによって、美しい肌の状態を保つ事が出来る

point:乾癬を解消するだけではなく、観光的な生活習慣と健康な体を手に入れられる

本来、乾癬は正しい知識があれば、どの様なタイプの乾癬であっても消し去ることが

可能なのです。

もしかして、あなたは乾癬になってしまう原因について、このように思っているのでは

ないでしょうか?

「乾癬は遺伝的なものなので仕方ない…」

「免疫力が弱い体質だからだ…」

もし、あなたがこの様に思っているのであれば、大きな勘違いをしています。

乾癬は、免疫力が弱いから発症する訳ではありませんし、ましてや遺伝する皮膚病で

もありません。

乾癬が発症し、なお且つ消失出来ない本当の原因として考えられるのは次の2つです。

◆乾癬の本当の原因を理解していないから

◆対処療法のみの治療

乾癬を消失出来ない原因はここにあります。

しかし、多くの方はこの事実を知りません。

例えそれが医者であっても…。

あなたの周りの人や、主治医に聞いてみて下さい。

「乾癬の原因ってなんですか?」…と。

ほとんどの人が答えられないと思いますし、

「遺伝や免疫力の低下」という答えが一番多いのではないでしょうか?

でも事実は違います。

遺伝や体質のせいだと諦めてしまったら、そのまま一生、病院を渡り歩き、

乾癬と付き合っていかなくてはいけないのです。

この事実をふまえて、もう少し具体的に説明していきます。

よく、ご家族やご両親も乾癬であることから、乾癬が遺伝したと思われる方も多い

ようですが、それは乾癬が遺伝したのではなく、乾癬になりやすい体質が遺伝した

のです。

それに体質は、遺伝要素だけのものではありません。

環境要素に大きく影響されるため、同じ環境や同じ食生活を送っている家族は、

同じ病気や同じ症状を発症することが多いのです。

中でも食生活は、代々伝承されるため特に注意が必要です。

三戒堂先生のお客様でも、ご本人が乾癬に長年苦しまれていたところ、

お嬢さんが皮膚科でアトピーと診断されたため、ご自分の乾癬が遺伝したのだと

悩まれていましたが、三戒堂先生の施術と生活指導を受けていくうちに、

ご自分の乾癬だけではなく、お嬢さんのアトピーも解消しました。

それは、三戒堂先生の生活指導で生活環境を変えたことにより、一緒に生活している

お嬢さんの生活環境も変化するため、三戒堂先生の施術を受けていない、お嬢さんの

アトピーも消えたのです。

つまり、同じ環境で生活していることにより、同じ様な症状を発症していたのが、

環境を変えることによって、乾癬やアトピーの原因が取り除かれ、症状が消えたの

です。乾癬もアトピーも遺伝ではないのです。

では、乾癬の原因とは何なのでしょうか?

それは、古くなった赤血球です。

通常、人間の体の仕組みでは、90日から120日を経過した赤血球は破壊され、

鉄分が回収されますが、破壊されなかった古い赤血球は、体内循環を阻止するために、

皮膚表面へと運ばれ、鬱血状態を作り出し、それを細胞化現象として、皮膚に作り変え

て排泄しているのです。

それが、乾癬状態の皮膚なのです。

それから、まれに細菌や毒物、薬品などが血液中に混入した際に、それらを異物と

判断した血液が、異物を排泄しようと働き、同じく皮膚表面に鬱血を作り出す場合も

あります。

三戒堂先生のお客様の中にも、25歳の時に解熱剤を服用し、その翌日から急に

乾癬が発症した方がいらっしゃいます。

つまり、乾癬や魚鱗症と呼ばれる皮膚現象は、皮膚病ではなく、鬱血した赤血球の

排泄現象なのです。

ですから、皮膚科に通院してステロイド剤を塗布しても治らないのです。

三戒堂先生は、乾癬の本当の原因を追及出来たからこそ、施術と生活指導により、

赤血球を正常に破壊し、鉄分を回収するシステムをきちんと作動させることで、

乾癬を克服へと導くことができるのです。

新たな鬱血をなくし、今ある鬱血が皮膚細胞に変化して排泄消滅されれば、皮膚は

正常な状態へと戻り、乾癬は消えるのです。

あなたの乾癬もテアテマンドールで克服しませんか?

     三戒堂先生のテアテマンドールで乾癬を克服する

ここまでのお話を聞いても、「自分の乾癬も本当に改善出来るのか?」

と不安かと思います。

でも、安心して下さい。

これまでに1000人を超える方達の乾癬を消し去り、65名の弟子を育ててきた

実績のある三戒堂先生のテアテマンドールを、包み隠さずお伝えします。

プログラムの内容を大まかにご説明すると、3段階になっています。

STEP1 乾癬の原因を正しく理解する

STEP2 赤血球の破壊と鉄分の回収を正常な状態へと戻す

STEP3 生活習慣の改善に取り組み新たな鬱血を発生させない

以上です。

この3段階のプロセスにしっかりと取り組んで頂くと…気が付いたら、乾癬が消えて

いることに驚くでしょう。

それはある日、ふと気が付くと皮膚の痒みを感じない時かもしれません。

朝起きて、シーツに落ちた皮膚が減っている時かもしれません。

では、「具体的にどうすれば良いのでしょうか?」

テアテマンドールを直接あなたにお伝えできれば良いのですが、三戒堂先生の施術院は

札幌にあり、日本全国はもとより、世界中からお客様がお見えになりますので、

直接お一人、お一人にお伝えするのには限界があります。

ですから、乾癬で苦しんでいるあなたのために、テアテマンドールの施術法を、

大変分かりやすい実演と解説付きのDVDをご紹介致します。

     三戒堂先生のテアテマンドールで乾癬を克服する

その一部をご紹介させて頂きますと・・・

◆乾癬の本当の原因を理解する!

◆なぜテアテマンドールは乾癬を消し去る事ができるのか

◆なぜ古くなった赤血球が取り残されてしまうのか?

◆乾癬患者の共通点は手と背中にある!

◆乾癬は何度でも再発する!

◆乾癬の苦しみは経験者にしか理解できない!

◆脂質だけじゃない?!

◆出産時や幼児期の影響

以上のことを知って頂くことにより、あなたの皮膚は本来の滑らかな状態へと戻り、

壮絶な乾癬との闘いに終止符を打ち、穏やかな毎日を過ごすことができるでしょう。

もう「一生このままなんだ」と投げやりになることもなく、好きな服装で、周りの目

を気にすることなく外出だって出来るのです。

乾癬で人生を狂わされてしまう方。

乾癬を克服し、本来の人生を取り戻す方。

その違いは、これまでにお伝えした方法を知っているか、知らないか、それだけの

違いなのです。

つまり、正しい知識さえあれば、病院で「一生治らない」と言われた乾癬も克服する

ことができるのです。

あなたも、1回、3回、5回と実践していくうちに、自然と「あれっ…皮膚がボロボロ

落ちなくなった」と実感されるでしょう。

四六時中痒みがあるというのはとても辛いことです。

まして出血や皮膚の剥離を伴う乾癬は、見た目にも周囲からの誤解を受け易いため、

精神的にもそうとう辛い状態に追い込まれてしまいます。乾癬を発症したことで、

毎日の生活がままならなくなってしまう方も少なくありません。

あなた本来の滑らかな肌を取り戻し、

それと共に、あなたらしい充実した生活を取り戻して頂きたいと思います。


    解消率9割以上の乾癬を消し去る確かな方法     解消率9割以上の乾癬を消し去る確かな方法







乾癬記事一覧
乾癬に効く!温泉のすごい効能
治療が困難な爪乾癬
乾癬と疥癬の違い
乾癬とアトピーの違い
乾癬に効果、温泉と入浴方法
乾癬治療薬ネオーラル
乾癬に効くどくだみの使い方
乾癬治療薬、レミケードとは?
新薬レミケードの効果と副作用
乾癬に効果を発揮する漢方薬
副作用を最小限にする治療法
乾癬に効果が期待される栄養素
乾癬に効果発揮、ネオーラル
関節症性乾癬について
乾癬が起こる皮膚のメカニズム
類乾癬と乾癬の違い
乾癬に効果あるビオチン療法
乾癬ヒュミラの効果と副作用
ドボネックス軟膏の副作用
頭皮乾癬の対処方法
乾癬に効果的な食べ物
乾癬とシャンプー選び
尋常性乾癬と滴状性乾癬の違い
乾癬に効果を発揮する治療法
関節症性乾癬になったら
ストレスとメタボにはご用心
性器に乾癬ができるなんて
汎発性膿疱性乾癬の症状と治療
画像でわかる乾癬の5つの種類
長期間治療と生活習慣の改善
乾癬に効果ある納豆
乾癬治療の長所と短所
乾癬の多い国でのビオチン
乾癬で避けた方が良い食べ物
乾癬の体質的な要素
乾癬に効果ある塗り薬
乾癬治療に鉱石イオン療法
乾癬の疑問と不安Q&A
日本乾癬学会の活動とは
ネオーラルの効果と副作用
乾癬で気をつける事
乾癬の正しい知識を伝えよう!
エドガーケイシー食事療法
関節症性乾癬炎の検査と治療
乾癬を治療するには、体質改善
乾癬治療の基本は外用療法
乾癬治療の光線療法について





ハウスクリーニング、★被リンクを無料で増やすには事業ローンのビジネクストはこちらからふるさと納税リンク